コインチェック、持ってないコインを消費者に売っていた可能性が浮上。仮想通貨$XEM(NEM/ネム)不正取引、ハッキング、不正送金最新ニュース速報

コインチェック、持ってないコインを消費者に売っていた?仮想通貨$XEM(NEM/ネム)不正取引、ハッキング、不正送金最新ニュース速報

Photo by Alex Kotliarskyi on Unsplash

 

コインチェック、持ってないコインを消費者に売っていた可能性が浮上。仮想通貨$XEM(NEM/ネム)不正取引、ハッキング、不正送金最新ニュース速報

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20180130-00081027/

コインチェック社「持ってないコインを消費者に売る」商法と顛末(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

◆ コインチェック社の原点、「仮想通貨で原野商法」とは

コインチェック社が、このNEMとともに「Litecoin」「DASH」などの仮想通貨を扱い始めると発表されたのは、2017年4月19日とされています。実際に顧客UIに取り扱いの表示がなされ売買が可能になったのは4月20日未明と見られますが、実際には、口座を開設している投資家・消費者からの「NEM買い注文」をコインチェック社は購入していませんでした。

結論から言えば、17年4月19日から日本の顧客に向けてNEMの取り扱いを開始したとアナウンスしてるのですが、実際に海外取引所PoloniexからNEM/XEMを購入したのは17年6月12日です。

それまでの2か月間、顧客からの買い注文通りにPoloniexと取引されておらず、顧客にも引き渡されていないことになります。仮に実際に買い注文がPoloniexに入り、Poloniexの「コインチェック社の預かり口座」にNEM/XEMが留め置かれていたとしても(確認が取れずその可能性は低いですが)、コインチェック社のウォレットに移ったのは17年6月12日が最初ですから、いずれにせよ、NEM/XEMの買い注文を入れた顧客には引き渡されません。

 

つまり、コインチェック社は:

仕入れていないNEM/XEMを、ユーザーに対して販売していた

疑いが極めて強くなります。

ない商品を売り、対価を受け取る仕組みは、ある種の「原野商法」に近いものと言えます。「この原っぱは再開発される地域に近いので、値上がり確実ですよ」と宣伝して消費者の射幸心を煽り、本来価値の無いものや存在しないものを売るビジネスを疑わせるには充分なものがあります。

 

 

$XEM(NEM/ネム)現在の値動き

$XEM(NEM/ネム)現在の値動き

$NEM(NEM/ネム)とは?
ビットコインやイーサリアムと似た性質を持ちP2Pネットワークで任意のノードが取引を承認。取引内容をブロック格納と並行処理し不正操作の確率を最小限化するためより分散化した状態で通貨配布をするという目的ではじまった。マイニングにおいては「マイナー」は、ネムでは「ハーベスト(収穫者)」という呼称。承認行為は「ハーベスティング」と呼ばれている。

XEMBTC チャート/現在価格

Related posts

Cryptocurrency News

No items.

人気の記事

仮想通貨オススメサービス

まずはこちらに登録!国内三大取引所
海外取引所の利用の際も基本的に国内取引所からBTC/ETHなどを送金する必要があるので登録必須! bitFlyer Zaif Coincheck ※登録停止中 ※自宅へ郵送されるハガキを受け取って初めて登録完了なので時間がかかります。今すぐ取引するつもりがなくても開設だけしておきましょう。いざという時のチャンスを逃さないための最低限の準備を。
ワンチャン狙い!登録マスト海外取引所
国内取引所とは比較にならない種類のアルトコインの取り扱い。各取引所でしか購入できない銘柄も多数。各取引所に特徴やメリットがあるので登録がオススメ BINANCE KuCoin HitBTC
オススメウォレット
日本円をはじめとする各種法定通貨で入出金可能。クレジットカード入金も可能(Visa/Master使用可。)また出金もAmazonクーポン券など様々な形態で可能。プリペイドBitcoinデビッドカードの発行でクレカ感覚でビットコインを利用できるなど機能盛沢山。
SpectroCoin SpectroCoinは現在注目されているブロックチェーン銀行プラットフォーム「BANKERA:$BNK」ICOトークンセール中。$BNK購入にはSpectroCoinへの登録が必須。 BANKERA
その他まとめなど
国内取引所一覧 海外取引所一覧 資金不要!無料で仮想通貨GET